買取額を高くする為に

いろいろなバッグ

車を高く売るためには、中古車販売市場の流通ルートを理解する必要があります。流通ルートによって、業者ごとの販売利益(マージン)が異なります。すなわち、販売利益が高い業者と最終交渉することで査定額を高く引き出すことが期待されます。 中古車市場の流通ルートは、主に3つあります。業者の販売利益が高い順番に並べると、自社で販売するパターン、他業者に販売するパターン、業者間オークションに出品・販売するパターンです。直接販売の場合は、購入者と直接取引ができるため利益額をコントロールでき、既に当該車両を探しているお客様がいる場合は在庫リスクもなく利益額を確保できるため最も高く査定してもらえることを期待できます。一方、業者間オークションに出品する場合は、出品手数料や落札業者の販売利益など、その後の流通コストがかかりますので、相対的に査定額が低くなります。

最終的に賢く売るための手順はおおよそ次の通りです。 Web一括査定後、実車査定業者の絞り込み(3社程度)、最終交渉、となります。はじめに、買取相場を確認する必要がありますが、最も簡単な方法は、Web一括査定です。ヤフーやグーグル検索などで、「車 売る」「車 査定」などのワードで検索すると、一括査定サイトがありますので、そこで車両情報(メーカー、グレード、年式、色、走行距離、装備など)を登録すると、即日連絡があります。メールで相場(上限値、下限値)の連絡と実車確認の依頼がきますので、このなかから信頼できそうな店舗、査定額が高そうな店舗を絞り込む必要があります。買取業者の査定後の適用期間が限られますし、即日買取であるほど、高価査定が期待できますので、3社程度に絞り込み、期待できる店舗を最後にもっていき最終交渉をすることをお勧めします。 このように、少し時間をかけるだけで、相場感の確認とその情報をもとにした最終交渉を有利に進められ賢く売ることができますので是非参考にしてみてください。